リユースとリサイクルの違いについて考えてみよう

リサイクルの定義について考えてみる

ゴミの分別回収を心がける

ゴミを仕分けして出すということは当たり前のことのようですが、意外と出来ていない方も少なくありません。
ばれなければいいか、と考えて夜中に粗大ごみを出したり、燃えるゴミの日に燃えないゴミやペットボトルを出したりと、モラルのない大人も実際には存在します。
出している当人は「どうせ回収するのだからそこにおいておけば回収日に回収してもらえる」などと考えているのかもしれませんが、置きっぱなしにしておけば生ごみは異臭を放ちますし、カラスに荒らされたりもするので見た目的にも心情的にもかなり嫌なものです。特に集合住宅などに住んでいると色々な方がいるので、中にはモラルのない方もいて、そういう方が一人でもいると周りの方も便乗することもあります。みんなで出せば怖くない精神なのか、本当にあり得ない物を出してくるので驚きです。

家電リサイクル法について考える

家電リサイクル法はよく耳にする言葉ですが何のことだか具体的には知らない方も少なくないのではないでしょうか。
ここでいう家電とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機のことを指し、これらのものから使える部品をそのまま取り出し、廃棄する部分を減らすといった法律を家電リサイクル法と言います。
ここで注意するべき点は、ポストに入っている広告の会社に連絡して引き取ってもらうことです。こういった会社は実は悪徳業者であることが多く、出張費無料や高額買取などという風にお客様の気を引いて、実際には出張費も取られてそこまで高額でもないということが起こる可能性は無きにしも非ずなのです。しかもそれできちんと処理しているかといえば山奥に違法投棄をしていることもあるので注意しましょう。